全福センター
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

ご利用の手引き

●新規事業所入会

◇入会できる方
上越地域に事業所のある中小企業の事業主および、そこに勤務する方。

◇入会の手続き
下記の書類に必要事項を記入のうえ、事務局へ申込みしてください。
①入会申込書兼事業所カード(事業所登録用)・・1部
入会申込書兼会員カード(個人登録用)・・・・入会人数分
③預金口座振替依頼書(会費引落用)・・・・・・1部
 ※①入会申込書兼事業所カード、③預金口座振替依頼書は、複写書類になりますので、事務局までご連絡ください。 

◇加入の承認
手続きが完了すると、次のものを送付します。
・会員証(9桁の会員番号・会員氏名記載)
・さくちゃんガイドブック(センターの事業や利用方法、利用施設などを掲載)
・さくちゃんニュース

●会員の追加入会

既にセンターに入会されている事業所で、新規採用等で従業員の増員により追加入会される場合は、「入会申込書兼会員カード」を入会人数分記入し、事務局へ申込みしてください。

●会費

1人 800円(月額)
※事業所負担の会費は、税法上、損金・必要経費とすることができます。

◇納入方法
各期初日の会員数に800円を乗じた月額を3ヵ月ごとに(3ヵ月の前納)事業所の指定口座から自動振替で納入していただきます。

納期 会費 自動振替日
第1期 4・5・6月分 4月20日
第2期 7・8・9月分 7月20日
第3期 10・11・12月分 10月20日
第4期 1・2・3月分 1月20日

※振替日が金融機関の休業日にあたるときは、翌営業日となります。

※入会日が期の途中の場合、会費は翌納期に振替となります。
(例)4月20日に入会した場合、4・5・6月分は、翌納期(第2期納期)に一括自動振替となります。

※万一、預金不足などにより、自動振替ができなかったときは、後日、振込書を送付します。会費を滞納すると、会員として受けることのできるサービスが制限される場合があります。

◇請求書・領収書の発行
各納期振替日の前に、会費請求書兼前期分領収書を送付します。

◇会費の返還(退会時の還付)
・期の途中に一部の会員が退会する場合、会費は翌納期で調整いたします。
(例)4月中に退会の場合、5・6月の2ヵ月分が翌納期(第2期納期)に還付(過不足調整)されます。

・期の途中に事業所単位で退会する場合、既納の会費は返還いたしません。
(例)4月中に事業所退会の場合、5・6月の2ヵ月分の会費は返還いたしません。

●変更

次のいずれかに変更が生じたときは、「変更・異動届」を提出してください。
・事業所の名称・住所・電話番号・FAX番号
・代表者名・事務担当者名
・会費振替口座変更(金融機関・口座番号・名義人)
・会員(氏名・フリガナ・住所・電話番号 等)
・会員の登録家族(氏名・生年月日・続柄 等)

※会費振替口座の変更は、新たに預金口座振替依頼書を提出していただきますので、事務局までご連絡ください。

●異動

事業所間で異動があった場合は、異動前の事業所より「変更・異動届」の提出と、異動前の会員証を返却してください。異動届の場合は、退会・入会届の提出は必要ありません。

●退会

会員が退職等の理由で退会する場合は、事務局へご連絡ください。
「退会届兼会員資格喪失届」を送付します。
退会届兼会員資格喪失届と併せて会員証を返却してください。紛失の場合は、備考欄に”紛失”とご記入ください。手続きが終了しますと、会員資格が喪失されます。

※月末で退会の場合、退会月の末日(到着分)までに提出されませんと、退会手続きが翌月となります。届出が遅れると会費を納入していただくことになりますので、お早めに提出してください。

●会員証

会員の方1人1人に会員証をお渡しします。
会員番号は、各申請手続きや利用補助券・特別利用券を利用する際に必ずご記入ください。 
会員証を提示すると割引や特典が受けられる施設もあります。



9桁の番号が会員番号です。
左5桁:事業所番号 - 右4桁:個人番号

※会員証提示で利用できる施設には(一社)全国中小企業勤労者福祉サービスセンターの施設(全国約1600施設)も含まれます。

●会員証の再発行

会員証を紛失された際は再発行ができます。(手数料500円)
FAX・郵送は、「利用申込書」より、パソコン・モバイルはホームページ(ジックZ)より申込みください

事務局より会員証と振込書を送付します。支払い期日までにお支払いください。

添付ファイル
2019サービスセンター利用について